ホーム 散骨業者取材記 メモリアルハーティ

散骨業者取材記メモリアルハーティ

東京都江東区にあるメモリアルハーティに訪問しました。ギフトの受発注、物流を担う株式会社全通のメモリアル事業部としてスタートした海洋散骨サービスは、散骨・海洋葬を希望する故人・ご遺族にとって理想のセレモニーができる、こだわりのある内容でした。今回は海洋散骨担当の若狭さんにお話を伺いました。

Q:散骨・海洋葬を始めたきっかけは?

株式会社全通ではギフト、贈答品のメーカー、卸業者との受注発注、物流業務を行っています。ギフト業界の中でも最近取り扱いが多くなってきている仏事関連のギフトを発展させて「供養」全般に広げていきたいと思い、手元供養や海洋散骨の取り扱いをスタートしました。

手元供養といってもご遺骨を納めるペンダントやミニ骨壺といったものに限らず、故人様が生前大切にしていたものやお写真など思い出の品を手元供養品にする「思い出供養」を当社では特に大切にしています。

Q:散骨で心がけていることは?

どこの業者も同じだと思いますが、まず安全第一を心がけています。安全を担保したうえでご遺族に安心して乗船いただけるよう、使用する船舶の保険内容を船会社に保険証券を提出してもらい確認するなどして、私たちからお客様に説明できる体制を作っています。

あともう一つ、ご遺骨の有害物質除去を心がけています。焼骨には自然環境に影響を与えかねない有害物質が含まれていることがあります。その有害物質を無害化して、できる限り環境に負荷がかからない海洋散骨を行なうことはとても大切なことだと思っています。

Q:今まで実施した散骨の中で印象に残っていることは?

カトリック信者の方をお送りした海洋散骨ですね。乗船した30人が船の上で賛美歌を歌い、司教が司会進行を行ないました。私たちは散骨のご案内をさせていただいたのですが、いつもと雰囲気の違うセレモニーがとても印象に残っています。もう一つ印象に残っているのは福島のお寺にあったお墓が東日本大震災でなくなってしまったご家族が、5柱のご遺骨を海に還した時です。今は墓じまいでお墓を閉じる方も多くなってきましたが、その時はお墓の大切さというものをあらためて考えさせられました。

Q:メモリアルハーティの特長を教えてください。

東京と横浜に特化して特定の船会社と契約して散骨・海洋葬を行っているところです。全国の各海域に対応して、ご希望の海で散骨ができるというサービスも素晴らしいと思いますが、私たちはご遺族のニーズにより細かな部分でお応えできるように出港場所を東京と横浜エリアに絞ってご案内しています。現地の事情を熟知している船会社とのコミュニケーションを大切にして、質の高いサービスを提供できる環境を作っています。

今後は東京・横浜と同様のサービスを提供できるエリアができれば、順次拡大していきたいと思っていますが、何よりもサービスの質を落とさないことを大切にしたいです。

Q:最後に散骨・海洋葬を検討されている方へメッセージをお願いします。

メモリアルハーティでは、ご遺族のお話をしっかりとお聞きしてご要望にお応えした理想の海洋散骨をご提供しています。30年以上冠婚葬祭業に携わってきた経験豊富なスタッフが丁寧に対応しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

インタビュー後記

しっかりと落ち着いた口調で話す若狭さんは冠婚葬祭のエキスパート。相談にもしっかりと対応してくれそうな安心感がありました。エリアを限定して質の高いサービスを目指すという姿勢は、ある意味全国対応というサービスとは対極にあります。散骨業者がそれぞれ特徴を出していくことによって散骨・海洋葬を望まれる故人・ご遺族が散骨業者を選択する基準が明確になってきます。海洋散骨を価格ではなくサービスで選ぶ。消費者にそう思ってもらえる散骨業者がこれからもっと増えていくことを願います。

プロフィール

メモリアルハーティ
若狭 孝男(わかさ たかお)
東京都生まれ
結婚式場に18年勤務したのち、仏事業界に従事。長年の冠婚葬祭業界経験を活かして、現在は株式会社全通メモリアル事業部で手元供養、海洋散骨など供養に関わる部門の開発リーダーを務める。

 

【基本情報】
住所:〒136-0076 東京都江東区南砂2-36-10 光陽ビル4階

メモリアルハーティ 詳細ページへ

ホーム 散骨業者取材記 メモリアルハーティ

Pick up